トップ «前の日記(2008-06-05) 最新 次の日記(2008-06-08)» 編集

屋根の無いがれえじで涙する


2008-06-07 エアコンフィルタ交換

_ [クルマ] エアコンフィルタ交換

6年半経過、55000km走行したK11・マーチであるが、エアコンフィルタを一度も交換したことが無かった(推奨交換時期は1年または12000kmなのである)。とはいえ特に異臭もしないし、まぁいいかと思っていたが、子供も乗るようになったし一度換えてみようかということで。去年やっとけという話だが、去年は何かと忙しかったしそんな暇も無かったよ。

エアコンフィルタ 本当は標準タイプ(純正部品番号27275-0N025・3200円)でも良かったのだが、在庫が無く高機能タイプ(花粉・におい・アレルゲン対応)となった。AY685-NS003で4935円、少し高い(値引きしてもらったけどね)。
グローブボックス グローブボックスを外す。下がピンになっているので抜けば外れる。内部もネジ2本で外すことが出来る。エアコンフィルタに付属する取説を読めば交換方法はわかる。
グローブボックス内1 初回の交換につき、なんとレインフォースを切り取れという。やれやれ、面倒だ。この瞬間が日産車だね(イマドキのクルマはこんなことにはなっていないと思うが)。カッターで切ると書いてあるが、カッターで切れるようなモノではないので塩ビ用の鋸の刃で切ることにした。まぁ、いかにも切ってくださいという加工はしてあるのだが。
グローブボックス内2 というわけで塩ビ用の鋸で切断する。かなり力も要るし面倒なことこの上ない。
グローブボックス内3 切り取ることでフィルタの全貌が明らかになる。これで脱着が可能となるのだ。こんなことならなかなか交換しないよなぁ、面倒だもん。
旧フィルタ 旧フィルタを引き出す。おぇぇぇ、ゴミだらけだ。まぁ、このようにフィルタとして機能してくれていたわけだから、これで正解なのだがこれを通った空気を吸っていたのかと思うとちょっとね。まめに交換しようかなぁと思える(今度からは面倒ではないし)。
新フィルタ 新フィルタを取り付ける。いろいろな車種が兼用になっているのでK11の場合若干加工が必要になる、といってもフィルタの一部を切り取るだけだが、これもやや面倒。カッターでは折り取ることが出来ない硬さなのでここでも塩ビ用の鋸で切る羽目になった。無事交換が終わって一安心。切断したレインフォースの一部は普段見えないし、強度的にも問題なさそうなのでそのままとした。戻すとしてもテープで貼るとか、その程度だろうな。


トップ «前の日記(2008-06-05) 最新 次の日記(2008-06-08)» 編集